競売・管理・収益の不動産物件のプロフェッショナル

管理業務について

大切なのは資産の収益性アップ

そのためにリアルパートナーは、下記の項目を見直すことを提案いたします。

見直し

空室には「対策」が必要です!

空室対策

対策実績

入居者管理業務

家賃の集金から退去立会い・クレーム処理まで全て当社が代行いたします。
クレーム処理は弊社が一次窓口になり対応いたします。 オーナー様ご自身がクレームの処理で悩むことが
なくなり、オーナー様はゆっくりとご自身の時間を過ごすことができるようになります。

何もしない場合

・入居状況:14部屋入居(20部屋中)
・年間収益:8,400,000円

サブリース導入後

・入居状況:20部屋入居(20部屋中)
・年間収益:9,600,000円(保証料80%の場合)
→年間収益が最低でも約70万円アップ!

空室賃料保証システム導入後

・入居状況:14部屋入居(20部屋中)
・年間収益:保証賃料 9,108,000円(6部屋空き) / 保証賃料 11,520,000円(満室時)
→年間収益が約312万円アップ!

空室賃料保証システム

空室賃料の50%を保証いたします

このシステムは空室に対して賃料の50%を保証し、お支払いするというものです。
満室でも送金金額が一定のサブリースというシステムではありません。

空室が多くお困りのときには、保証により送金金額が増え、
満室に近付いてくると管理料が軽減され、オーナー様への収益が少しでも上がるようになります。

特に借上げげの場合、中古物件は借上げをしないということが多々あります。もしくは借上げするとしても、募集家賃を大幅に下げ、そこから80%~85%で借上げるというものがほとんどでした。
その他には、多額のリフォームを要求し、借上げるケースもあったと思います。

本当に今、空室でお困りのオーナー様に対して最適なシステムがありません。
ですが、このシステムは私たちが空室リスクを一部負担することにより、
オーナー様の収入は安定的になり、現収入より手取り額が上がるシステムといえます。

安定収入

リアルパートナーへのお問い合わせ